• 印刷する

GfK消費者信頼感、8月は2カ月連続で改善

市場調査会社GfKが26日発表した8月の消費者信頼感指数は5.9ポイント(予測値)となり、前月の改定値から0.1ポイント上昇した。景気の先行きは不透明だが、安定した労働市場を背景に消費者の購買意欲は衰えず、2カ月続いて改善した。

GfKは毎月、約2,000人の消費者を対象にアンケートを実施。主に「収入の見込み」と「購買意欲」の2つの指数から信頼感指数を算出する。ほかに「景気見通し」についても尋ねている。

7月は「収入の見込み」が前月から3.8ポイント下落したが、「購買意欲」は3.1ポイント上昇し、3カ月連続で改善した。一方、「景気見通し」は8.6ポイント下落し、昨年12月以降で初めて長期的な平均値の「ゼロ」を割り込んだ。

GfKは「消費者はユーロ圏債務危機の影響がドイツ経済に波及したと感じている」と指摘。ただ雇用は依然として安定しており、収入の見込みと購買意欲は依然として高い水準にあると説明している。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

CSU党首選、バイエルン州首相が出馬へ(11/20)

ユーロ圏建設業生産、9月は2%増加(11/20)

ダンスケ銀の内部告発者、議会で証言(11/20)

独経済、第4四半期は力強く回復も=連銀(11/20)

独経済相、マイナス成長受け減税策を検討(11/20)

ドイツ、サウジ政府関係者18人を入国禁止(11/20)

BMW、3D印刷部品が10年で100万個(11/20)

化学ランクセス、印工場に1.7億ドル投資へ(11/20)

VW、新技術に440億ユーロ 自動運転やEVへ=新投資計画(11/19)

政府、大気汚染規制を緩和へ 都市のディーゼル車制限回避で(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン