• 印刷する

GfK消費者信頼感、8月は2カ月連続で改善

市場調査会社GfKが26日発表した8月の消費者信頼感指数は5.9ポイント(予測値)となり、前月の改定値から0.1ポイント上昇した。景気の先行きは不透明だが、安定した労働市場を背景に消費者の購買意欲は衰えず、2カ月続いて改善した。

GfKは毎月、約2,000人の消費者を対象にアンケートを実施。主に「収入の見込み」と「購買意欲」の2つの指数から信頼感指数を算出する。ほかに「景気見通し」についても尋ねている。

7月は「収入の見込み」が前月から3.8ポイント下落したが、「購買意欲」は3.1ポイント上昇し、3カ月連続で改善した。一方、「景気見通し」は8.6ポイント下落し、昨年12月以降で初めて長期的な平均値の「ゼロ」を割り込んだ。

GfKは「消費者はユーロ圏債務危機の影響がドイツ経済に波及したと感じている」と指摘。ただ雇用は依然として安定しており、収入の見込みと購買意欲は依然として高い水準にあると説明している。


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ゼレンスキー大統領、メルケル独首相と会談(06/20)

独政府、EV電池製造補助へ 資金援助先の3企業連合選出か(06/20)

塩野義、西同業と便秘症治療薬の販売契約(06/20)

EU8カ国、2030年までに石炭火力脱却へ(06/20)

欧州委、独のディーゼル車改良補助を承認(06/20)

アウディ、ロシアで1325台をリコール(06/20)

北マケドニアのEU加盟交渉、決定先送り(06/20)

シーメンス、ガス・電力部門で2700人整理(06/20)

生産者物価、5月は1.9%上昇(06/20)

韓国・セルトリオン、欧でバイオ後発品販売(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン