• 印刷する

日英、半導体で協力へ 「広島アコード」締結=首脳会談

岸田首相と英国のスナク首相は18日、広島で会談を行い、防衛・技術分野での協力強化に向けた「日英広島アコード」に調印した。その一環として「半導体パートナーシップ」も締結し、供給網の強化や研究開発(R&D)に共同で取り組むことで合意した。これに先立ち、日本企業は英国でのクリーン・エネルギー事業などを対象とする総額約180億ポンドの投資を約束した。

スナク首相は、「日英関係は、日本のインド太平洋での中枢的役割や、英国の安全保障と繁栄にとっての中心的役割を反映し、他のどの国との関係よりも急速に深化している」と指摘。日英広島アコードはこの関係を固めるものとの考えを示した。また、岸田首相も「日英広島アコードにより日英関係の新たな章が始まる」としている。

スナク首相は半導体パートナーシップについて、「野心的なR&Dでの協力や、技能の交換、両国の国内産業の強化、市場競争が激化する中での供給網の強靭化」に共同で取り組むものと説明している。

同首相はこれに先立ち、東京で日本企業幹部との会合を主催し、総額177億ポンドの対英投資の約束を確保した。このうち丸紅は、洋上風力発電や低炭素水素などのクリーン・エネルギー事業に向こう10年に100億ポンドを投資する。また住友商事は40億ポンドを投じて、洋上風力発電事業を開発する。

このほか、三菱地所と三井不動産は、ロンドンでの低価格住宅やオフィス、生命科学研究所の開発に向け35億ポンドを投資する計画だ。住友電工は2億ポンドを投じて高電圧ケーブル工場を新設する。[日本企業の動向][環境ニュース]


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 建設・不動産IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

英中銀、利下げ開始はインフレ低下の証拠を見極めてから <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第58回(05/17)

英労働党、選挙公約発表 経済安定化や医療改善を優先(05/17)

資源アングロ、世界で採用凍結=買収回避で(05/17)

ユーロスター、路線拡大検討=最大50両発注(05/17)

米石油シェブロン、英北海事業から完全撤退(05/17)

英、不明確な環境政策で投資機会逸失(05/17)

BT、通期は増益=30億ポンド追加削減へ(05/17)

イージージェット、上半期は赤字縮小(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

グレッグス、店舗数3500店に拡大へ(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン