• 印刷する

気候コスト、9千億ユーロも 農業やインフラに影響=独政府

ドイツ政府は6日、気候変動によるコストは2022~50年で最大9,000億ユーロに達するとの見通しを明らかにした。干ばつや豪雨など異常気象による農作物の生産の落ち込み、インフラへの被害、物流や交通の遮断、保健医療など、さまざまな分野で影響が避けられないとしている。

経済構造研究所(GWS)と生態経済学研究所(IOW)、市場調査機関プログノス(Prognos)が政府の委託で合同調査を実施し、報告書をまとめた。気候変動絡みのコストは00~21年では少なくとも1,450億ユーロに達しており、うち800億ユーロは過去5年に発生したという。

報告書では、現状が続けば経済コストは50年までに1.5~5倍に膨らむと予測。一方で、適切な対策を講じれば、コストを60~100%削減することが可能としている。

なお今回の予測には、例えば健康被害による国民の生活の質の低下など、経済的損失として数値化できないものは含まれていない。同時に、気候変動対策にかかる費用については触れられていないため、コストを減らすためにどれだけの支出が必要になるかは明らかになっていない。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独自動車大手、随行せず 副首相の訪中=部品メーカーのみ(06/19)

NATO基金、欧州の先端技術企業に初投資(06/19)

独企業の半数「産業空洞化の流れ止まらず」(06/19)

中国製EV輸入台数、15.7%減少=1~4月(06/19)

ポルシェSE、自動運転AIに投資=カナダ(06/19)

太陽光発電設備容量、1~4月に35%増加(06/19)

北ドイツ銀、航空機融資事業から撤退(06/19)

ボイラーのフィスマン、部品ECに出資(06/19)

独景気期待指数、6月は0.4ポイント上昇(06/19)

ジール・アベッグ、ベトナム南部工場が開所(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン