• 印刷する

独従業員、8.5%賃上げ合意 390万人が対象=労組IGメタル

ドイツ最大の労働組合である金属産業労組IGメタルは18日、金属・電気部門で働く従業員390万人について、2023年6月から5.2%の賃上げで経営側と合意したと発表した。24年5月にはさらに3.3%が上乗せされる取り決めで、計8.5%の賃上げとなる。5度の交渉やストライキを経て、大幅な給与アップを勝ち取った形だ。

基本給の引き上げに加え、非課税の一時金3,000ユーロも支給される。インフレ加速に伴うエネルギー・食料価格の高騰を補填(ほてん)するもので、支払いは23年3月と24年の2回に分けられる。

IGメタルのイェルク・ホフマン委員長は「従業員の懐は間もなく大きく潤うことになる」と満足感を示した。一方、経営側の交渉担当者は「痛みを伴うが、大企業にとって辛うじて耐えられるもの」とコメント。双方はエネルギー危機が深刻化した場合、迅速かつ柔軟に対応することでも合意している。

IGメタルはかねて、インフレ加速や企業の増益に見合った賃上げを要求。6月には、鉄鋼業界と過去30年間で最大となる6.5%の賃上げで合意していた。[労務]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

EVテスラ独工場、拡張承認 地元議会=環境活動家は訴訟計画(05/20)

重電ABB、シーメンスの中国配線事業買収(05/20)

送電テネット、独事業の代替売却先検討(05/20)

独、今年の税収予想を482億ユーロ引き下げ(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

ダイムラーとボルボ、トラック用ソフト合弁(05/20)

人工衛星BST、ベルリンに工場建設(05/20)

シーメンス、台湾社とスマート製造で提携(05/20)

G7、露資産によるウクライナ支援で合意へ(05/20)

ポルシェEV、タイで新型モデルの予約開始(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン