• 印刷する

GDP、来年は0.3%縮小か エネルギー高騰で消費減=Ifo

Ifo経済研究所は12日、ドイツの来年の国内総生産(GDP)が0.3%縮小するとの見通しを示した。6月に予想した3.7%拡大から大幅に引き下げた。エネルギー価格の高騰により実質所得が低下し、個人消費が落ち込むことを理由に挙げている。

GDP成長率は今年は1.6%にとどまるが、マイナス成長を経て2024年には1.8%に回復するとみる。四半期ごとでは、今年第3四半期(7~9月)は横ばいで、第4四半期は0.2%、来年第1四半期は0.4%をそれぞれ予想する。

一方、インフレ率については、今年は8.1%、来年は9.3%に加速するが、24年は2.4%に落ち着くとした。インフレ率は来年第1四半期に11%程度とピークに達する見通しで、これはドイツでは70年ぶりの高水準となる。

Ifoは今回、電気・ガス料金が来年初めに大幅に上昇し、これが家計の購買力を大きく低下させると指摘。政府が発表している650億ユーロ規模の支援策はこの影響をやや食い止めるものの、「相殺するには程遠い」と述べている。

製造業については、原材料や中間財の供給問題が続いているため生産に支障が出ているが、受注高は依然として平均を上回っており、受注の落ち込みが生産の大幅な減少につながる可能性は低いとみる。一方、建設業はコスト高騰に加えて金利上昇が資金調達コストを引き上げるため、打撃を受ける可能性が大きいと警告している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

RWE、米再生エネ社買収=カタールが支援(10/04)

バッテンフォール、北海で風力発電所建設へ(10/04)

褐炭発電LEAG、太陽光発電所の建設計画(10/04)

BMW、タイ販社が首都に旗艦ショールーム(10/04)

ステランティス、中東での充電で独社と提携(10/04)

独、ガス・電気料金上限設定に2千億ユーロ(10/03)

ウニクレディトとアリアンツ、持ち株交換へ(10/03)

失業率、9月は横ばいの5.5%(10/03)

独政府、サウジへの武器輸出を再開か(10/03)

VW、排ガス不正巡りイスラエルで集団訴訟(10/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン