• 印刷する

独、脱原発計画を先送りへ 来年4月まで2基を待機状態に

ドイツ政府は5日、年内に停止を予定している原子力発電所3基のうち、2基の稼働を2023年4月半ばまで続ける方針を明らかにした。ロシアからのガス供給が減る中、冬季の暖房需要に備え待機状態を保つとしている。

政府は11年、福島第1原発事故を受けて国内全17カ所の原発を22年末までに閉鎖することを決定し、代替エネルギーとして再生可能エネルギーの拡大を推進してきた。現在も稼働を続けている原発は3基のみで、国内の発電量に占める比率は約6%にとどまる。

ハーベック副首相兼経済・気候保護相はこの日、このうち南部バイエルン州の「イザール2」と南部バーデンビュルテンベルク州の「ネッカーベストハイム2」の2基を電力が不足した場合の予備電源として待機させる考えを示した。残りの1基は予定通り年内に停止する。

同相は「ドイツは十分な電力を確保している」とした上で、欧州全体がエネルギー危機に直面する中、フランスの原発の半数が停止していることや、干ばつによるライン川の燃料輸送の混乱および近隣諸国の水力発電量減少、国内の再生可能エネルギー開発の遅延といったリスク要因があると説明。「最悪のシナリオの可能性は極めて低いものの、エネルギー安全保障に向けた万全の対策の1つとして、原発停止の遅延を決めた」としている。

ドイツ政府は既に、ロシアのウクライナ侵攻を受けたエネルギー不足に備え、石炭火力発電を拡大する計画を打ち出している。原発の稼働延長は当初は否定していたが、ショルツ首相は8月、バイエルン州など一部地域で再生可能エネルギー開発が十分に進んでいないことなどを理由に、原発停止を先延ばしする可能性を示唆していた。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

自動車VW、イタリアで和解 排ガス巡り5千万ユーロ超支払い(05/17)

独ワッカー・ノイソン、セルビア工場拡張(05/17)

総合電機シーメンス、第2四半期は38%減益(05/17)

経済諮問委、成長率見通し引き下げ=0.2%(05/17)

独国内の露凍結資産、40億ユーロ=財務省(05/17)

香港衣料チェーンのエスプリ、独で破産申請(05/17)

トラワ、シードラウンドで1千万ユーロ調達(05/17)

音声支援のポリーAI、評価額5億ドルに(05/17)

中国社、独最大の太陽光発電所にモジュール(05/17)

D・ヒーロー、台湾事業を米ウーバーが買収(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン