• 印刷する

トラス新首相が就任 経済成長と家計負担の軽減を公約

英国の保守党党首に選出されたエリザベス・トラス外相(47)は6日、首相に就任した。同国で3人目の女性首相誕生となった。物価高騰やエネルギー危機などの課題が山積する中、就任演説では家計負担を軽減することを改めて約束した。

ジョンソン前首相はこの日朝、首相官邸前で退任演説を行い、新政権への支持を表明した。その後スコットランド北部のバルモラル城でエリザベス女王に辞意を伝えて正式に辞任。トラス氏はこれに続き女王から任命を受け、新首相に就任した。

トラス氏は就任演説で、施政の優先事項として、経済とエネルギー、国民医療制度(NHS)の3点を挙げた。減税と改革を通して経済成長を促進する大胆な計画が必要と強調。週内にエネルギー危機への対策を発表し、エネルギー価格高騰に対処するとともに今後のエネルギー供給を確保するとした。医療アクセスへの改善も約束した。

報道によると、同氏は光熱費の上限を年間2,500ポンド程度に凍結する案を打ち出すとみられている。

トラス氏は就任後、組閣に着手。新たな財務相にはクワーテング民間企業・エネルギー・産業戦略相が、外相の後任にはクレバリー教育相が指名された。トラス氏を支持していたブレイバーマン法務長官は内相に就任する。保健・社会福祉相に指名されたコフィ雇用・年金相は副首相も兼任する。

なお、5日に保守党党首選の結果が発表され、トラス氏の勝利が決まったことを受け、パテル内相とドリーズ・デジタル・文化・メディア・スポーツ相は辞任を発表していた。

トラス氏の就任で、「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャー氏、ジョンソン氏の前任テリーザ・メイ氏に続く3人目の女性首相が誕生した。トラス氏は英オックスフォード大学を卒業後、石油大手シェルなどでの勤務を経て、2010年に保守党議員として初当選。14年には環境・食料・農村相として初入閣し、メイ政権では法相を、ジョンソン政権では国際貿易相と外相を務めた。


関連国・地域: 英国
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

原発2カ所の稼働延長を検討 EDF、エネルギー危機受け(09/30)

乗用車生産、8月は34%増加(09/30)

シェル、ナイジェリアの太陽光発電社を買収(09/30)

ビッファ、米投資会社のTOBを受け入れ(09/30)

衣料品販売ネクスト、上半期は16%増益(09/30)

アストラゼネカ、COP27会場内に病院設置(09/30)

中国出資のオランダ企業、900社超に(09/29)

中銀、国債買い入れ 金利上昇受け市場の安定化図る(09/29)

ロイヤル・メール、10~11月に計19日のスト(09/29)

投資BII、印EVコーに大型出資(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン