• 印刷する

米独、対露制裁で見解相違 ノルドストリーム2が争点

ドイツのショルツ首相は7日、就任後初めて米国を訪問し、バイデン大統領と会談した。軍事的緊張が続くロシア・ウクライナ情勢などについて協議したが、ロシア産天然ガスをバルト海経由でドイツに輸送する新パイプライン「ノルドストリーム2」を対露制裁の対象とするかを巡り、両首脳の見解の相違が浮き彫りになった。

会談後の共同記者会見で、バイデン大統領は「ロシアがウクライナに侵攻した場合、ノルドストリーム2の稼働はない。このプロジェクトを終わらせる」と断言。どのようにそれを実現するのかとの問いには「それができると約束する」とだけ答えた。

これに対し、ショルツ首相は慎重姿勢を維持。ノルドストリーム2に言及することは避け、「われわれが取る措置で見解が異なるものはない」と述べるにとどまった。

ノルドストリーム2は、西側諸国の間で長年にわたり懸案事項となっている。米国と欧州連合(EU)加盟国の大半はかねて、ロシアからの天然ガス供給への依存が増すとして、ドイツにプロジェクトの停止を求めている。

ロシアがウクライナとの国境付近に10万人規模の部隊を集結させ、ウクライナ侵攻の懸念が強まる中、米国は同パイプラインを対露制裁の対象に加える意向をたびたび表明。一方、ショルツ首相はかねて、同プロジェクトは民間事業であり、制裁対象にはならないとの姿勢を示している。


関連国・地域: ドイツロシア米国
関連業種: 天然資源政治

その他記事

すべての文頭を開く

ライン川、水位が危機的水準 12日にも石炭輸送船の航行不可に(08/11)

VW次期CEO、取締役会の規模縮小か(08/11)

インフレ率、7月は改定値も7.5%(08/11)

電力エーオン、上半期は11%減益(08/11)

旅行TUI、第3四半期は赤字が大幅縮小(08/11)

ハイデルベルガー、第1四半期は黒字回復(08/11)

ケーブルのレオニ、第2四半期は赤字拡大(08/11)

イエナオプティック、第2四半期は16%減益(08/11)

機械製造ゲア、第2四半期は9%増益(08/11)

メルセデス、タイでオンライン販売を開始(08/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン