• 印刷する

英国、第1四半期にリセッション入りか

経済協力開発機構(OECD)が29日に発表した経済見通しで、英国が第1四半期(1~3月)にリセッション入りするとの見方を示した。

それによると、OECDは英国のGDPが第1四半期に0.4%縮小するとみている。政府統計局(ONS)は28日、2011年第4四半期(10~12月)のGDPが0.3%縮小したことを明らかにしており、OECDの予測が正しい場合、2四半期連続のマイナス成長となりリセッション(景気後退)入りが確定する。

ただオズボーン財務相はOECDの発表に対し、「これは予測に過ぎない。別の独立機関の調査をベースとした見通しでは、リセッション入りは回避できる可能性が高いとの結果が出ている」とコメント。予算責任局(OBR)が先週に発表した報告書では、GDPは第1四半期に再び拡大し、通年の成長率は0.8%になると予測している。

英国では2010年半ばからプラス成長とマイナス成長が交互に訪れている。英中銀イングランド銀行のマービン・キング総裁は英国経済の見通しについて、国内の緊縮財政と主要貿易相手国の景気悪化が成長の足かせになるとし、「年内はプラスとマイナスを行き来する」との見方を示している。

またシンクタンクの国立経済社会研究所(NIESR)は、英国は上半期にリセッション入りし、通年では0.1%のマイナス成長に陥るとの予測を明らかにしており、安定的な回復は先になるとの見方が有力となっている。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ゴーブ氏、EU離脱相を拒否 後任にはバークレイ氏就任(11/19)

EEとヴァージン、過剰請求で当局が罰金(11/19)

自動車オペル、仏セグラとR&Dで提携(11/19)

JAL、英など海外空港にアルコール感知器(11/19)

国営宝くじ、2023年以降の運営主体を募集へ(11/19)

スーパーのアズダ、第3四半期は2%増収(11/19)

HSBC、香港で有給休暇を拡大(11/19)

英自動車メーカー、マの国民車構想に関心(11/19)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン