• 印刷する

独政府、経済見通し引き下げ オミクロン株による再規制が影響

ドイツ政府は26日発表した年次経済報告書の中で、今年の経済成長率が3.6%になるとの見通しを示し、昨年10月時点の4.1%から引き下げた。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」のまん延により、再び規制が導入されたため。今年のインフレ率については、昨年よりも加速するとみている。

ハベック副首相兼経済問題・気候保護相は「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)の影響は依然として大きい」とした上で、「それでもなお、国内経済は堅調だ」と強調。春には感染者が減少して規制を解除できるようになるため、景気回復が加速すると予想した。

また、供給のボトルネックが徐々に解消し、産業は生産の大幅な拡大が再び可能になると予測。今年の経済成長はパンデミック以前の水準に戻るとの見方を示した。

インフレ率については、昨年の3.1%から今年は3.3%に加速すると予想。これはエネルギー価格の上昇に加えて、半導体など中間財不足が引き続き全体の価格を押し上げるためで、政府はインフレ率の推移と物価上昇の主な要因を注意深く監視する考えを示した。ただ同相は、インフレ率は来年には欧州中央銀行(ECB)が目標とする2%前後まで低下するとの見通しを示している。

政府は、物価上昇に伴い、労働組合が賃上げ要求を強める可能性が高いと予想するが、パンデミック前に見られたような過剰な要求を突きつけることはないとみている。また、今年の失業率は5.1%まで低下すると予測している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

アンドリッツ、独社のグリーン水素工場受注(09/21)

半導体事業に大型支援 独、国内生産拡大へ(09/21)

独政府、5Gで中国製機器の使用削減を検討(09/21)

独オットーボック、ブルガリアに新生産拠点(09/21)

欧州委、グリホサートの許可10年延長を提案(09/21)

独企業の対中投資、上半期は14%減少(09/21)

Qエナジー、仏に浮体式太陽光発電所を建設(09/21)

アウルビス、2億ユーロの盗難詐欺被害(09/21)

カルーゾ、フリート管理でトヨタと提携(09/21)

自動運転トラック新興企業、5千万ドル調達(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン