洋上風力発電、10年で1万8千人の雇用創出

ドイツの洋上風力発電産業では、向こう10年間で1万8,000人程度の雇用が新たに創出される見通しだ。業界団体のWABが2日、明らかにした。

大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)とWABが共同で行った調査によると、洋上風力発電業界の労働者数は2021年までに3万3,000人に達する見通し。中規模事業者による雇用は、現在の1万3,000人から2倍以上の2万8,000人に増えるという。風力タービンの設計、製造、設置、保守管理など関連事業の年間売上高は、2010年の59億ユーロから2020年には224億ユーロに拡大するとみている。

ただこうした予測は洋上風力発電全体の発電能力が2021年までに87億キロワットに拡大するとの想定に基づく。現状ではまだ20万キロワットに過ぎない。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計製造一般電力・ガス・水道社会・事件雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

メルセデス、仏工場でEV生産へ(05/22)

ライアンエアー、過去最高益 独西伊を中心に乗客数が拡大(05/22)

インフィニオン、オーストリアに新工場(05/22)

ポルシェ、SUV最大6万台をリコールへ(05/22)

欧州一般裁、ネオニコチノイド禁止を支持(05/22)

PGNiG、イランでのガス開発一時中止も(05/22)

トルコの大統領、ボスニアへの投資を公約(05/22)

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

オンライン家具販売ホーム24、IPOを検討(05/22)

フレゼニウス、エイコーン買収撤回を正当化(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン