• 印刷する

英、国民保険料1.25%増へ 介護・医療拡充で22年4月から

英国のジョンソン首相は7日、イングランドの介護制度と国民医療制度(NHS)の拡充に向け、2022年4月から国民保険料を1.25%引き上げると発表した。向こう3年に360億ポンドを調達し、長年の懸案事項である介護制度の改革と、新型コロナウイルス危機で負担の増したNHSへの投資に充てる。

政府はまず22年4月に国民保険料を雇用主負担分も含めて1.25%引き上げ、23年以降は同等の税金を別立てで徴収する。税収はイングランドの介護制度やNHSに投資するが、スコットランドとウェールズ、北アイルランドには計22億ポンドの追加資金を介護・医療サービス向けに交付する。

NHSには年120億ポンドを投資し、診療や検査、手術の件数を従来から900万件増やせるよう、設備や人員を拡充する。これにより、急患以外の患者の受け入れ数をコロナ禍前と比べて30%引き上げられるとしている。

介護制度改革では、1人が生涯に支払う介護費用に8万6,000ポンドの上限を設定する。加えて、資産2万ポンド以下の人の介護費用は国が肩代わりし、資産2万~10万ポンドでは費用の一部を援助する。

従来は介護費用の上限がなく、7人に1人が生涯に10万ポンド超の介護費用を支払っていた。また、介護費用の援助を受けられるのは資産2万3,250ポンド以下の人に限られていた。

ただ、ジョンソン首相は19年12月の総選挙前に、所得税や国民保険料を引き上げないと約束していただけに、最大野党・労働党のスターマー党首は「公約違反」と批判している。また同氏は、この増税案は若年層や低・中所得層に負担を強いると指摘し、高所得層の負担を拡大するよう求めている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英領北アの通関簡素化案公表 EU、欧州司法裁の管轄権触れず(10/15)

C・スイス、損失受けた顧客の手数料を免除(10/15)

英港湾の混雑問題、クリスマス商戦に影響か(10/15)

英国の迅速検査、当初予想よりも精度高く(10/15)

独アルディ、英で最も人気のスーパーに選出(10/15)

英の「最果てパブ」、住民が購入金集め達成(10/15)

EU、通関検査の大半撤廃も 英領北アに関する離脱協定見直し(10/14)

バークレイズ、グラスゴーに新キャンパス(10/14)

鉱工業生産、8月は0.8%増加(10/14)

貿易収支、8月は赤字がわずかに拡大(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン