• 印刷する

ボーダフォン、EU料金復活へ 来年から国際ローミング料徴収

英国の携帯電話サービス大手ボーダフォンは9日、アイルランドを除く他の欧州諸国で使用する際の国際ローミング料を復活させる方針を明らかにした。通信大手BT傘下の携帯電話サービス大手EEが先に同様の方針を発表しており、これに追随する格好だ。

対象となるのは、8月11日以降の新規顧客と契約更新者で、来年1月6日から1日当たり2ポンドの国際ローミング料が課される。ただし、8日間か15日間のパッケージを利用する場合は1日1ポンドと割安となる。

なお既存の契約者には、料金改定の影響はない。またデータ容量の上限をあらかじめ設定することもでき、帰国後に予想外の高額料金を請求される可能性はないとも強調している。

ボーダフォンは料金体系の変更の理由について、「ローミングを利用しない半数以上の顧客にとって、基本料金にローミング料を含めることはむしろ不公平」と説明。しかしエネルギー会社の価格比較サイト「ユースイッチ(uSwitch)」は、既にローミング料を支払っている顧客に対する二重課金だと批判している。

欧州連合(EU)では2017年に域内の国際ローミング料が撤廃され、EU離脱後も各社はこれを維持していたが、EEは6月に国際ローミング料の再導入に踏み切っていた。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

アストラゼネカ、シンガポールに工場建設(05/21)

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン