• 印刷する

SPDの支持率が上昇傾向 与党CDUは「談笑」で支持低迷

ドイツで9月に行われる連邦議会選挙を前に、連立与党に参加する中道左派の社会民主党(SPD)のショルツ財務相の支持率上昇が顕著となっている。一方、中道右派与党・キリスト教民主同盟(CDU)のラシェット党首の支持率は低下傾向にある。ラシェット氏はメルケル首相の後任候補として有力視されているが、先に西部を中心に発生した洪水の被災地訪問時に関係者と談笑した姿が撮影され批判を浴びていた。ドイツ公共放送連盟(ARD)が世論調査機関インフラテスト・ディマップに委託して行われた最新の世論調査で明らかとなった。

インフラテスト・ディマップは8月2~4日にかけて、有権者1,312人を対象に調査を実施。それによると、次期首相にふさわしい人物として、ショルツ氏の支持率が前回から6ポイント上昇し35%で首位。半面、ラシェット氏は8ポイント低下し20%となった。これを、16%の支持を得た野党の90年連合・緑の党のベーアボック共同党首が追う格好だ。

ただ、次期政権にふさわしい政党としては、CDU・CSUは4ポイント低下しながらも35%で首位。SPDは4ポイント上昇して24%、緑の党は3ポイント低下して16%だった。

世論調査会社INSAが公開した先の世論調査では、ラシェット氏が洪水被災地を訪問した際に談笑していたことについて、国民の57%が否定的に見ていたことが判明しており、同氏の支持率低下に影響しているとされる。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】自動車・暖房燃料の炭素価格引き上げ(03/01)

材料不足、紅海の影響じわり 独製造業=鉄道ストが追い打ち(03/01)

化粧品バイヤスドルフ、通期は3%減益(03/01)

三菱鉛筆、筆記具ラミーを子会社化(03/01)

鉄鋼ティッセン、高炉と圧延工場の閉鎖計画(03/01)

太陽光発電エンビリア、米投資会社が出資(03/01)

EUの難民申請件数、7年ぶりの高水準に(03/01)

与党FDP、電力ユニパー株の早期売却提案(03/01)

シュコダ、印で新モデル=小型SUV生産へ(02/29)

CO2貯留、連立与党が批判 経済相案=ガス発電の排出容認で(02/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン