独西部の化学工場で爆発、1人死亡

ドイツ西部レバークーゼンの化学工場で27日午前9時半ごろ(現地時間)、爆発があり、少なくとも1人が死亡した。4人が行方不明となっており、16人の負傷者も出た。 爆発したのは廃棄物処理施設に設置された溶剤の貯蔵タンクとされ、事故原因は不明。爆発後には火災が発生し、黒…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

「信号機」か「ジャマイカ」か 独総選挙、連立組み合わせが焦点(09/24)

欧州司法裁の法務官「VWのソフトは違法」(09/24)

米当局、タカタ製エアバッグ欠陥で独車調査(09/24)

エーオンとVW、蓄電式EV充電器を発表(09/24)

テスラ、ギガファクトリー建設地に住民招待(09/24)

VW、中国・安徽省に電池工場=23年稼働(09/24)

シンチ、独メッセンジャーピープルを買収(09/23)

「来春までに流行終わる」 保健相、国民にワクチン接種訴え(09/23)

Ifo、今年のドイツ成長率見通し引き下げ(09/23)

独議会選、障害者8.5万人も投票へ(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン