始動した英環境保護局、実効性には疑問も <連載コラム・環境フォーカス>第56回

英国が国民投票により欧州連合(EU)離脱を決めてから5年超が経った2021年7月1日、同国における環境基準順守の監視機関である「環境保護局(OEP)」がついに始動した。OEPは年内に見込まれる環境法の施行を経て、完全な権限を手にする見通しだ。(ナディア・ウィークス…

関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ジョンソン首相が内閣改造 アフガン対応で批判の外相降格(09/16)

インフレ率、8月は3.2%に大幅加速(09/16)

生産者物価、8月は5.9%上昇(09/16)

ブリティッシュボルト、評価額10億ドル超に(09/16)

BHP、豪経済への貢献が250億ドルに増加(09/16)

HSBC香港など3行、越境理財通を申請(09/16)

ホーチミン市、英製ワクチン接種間隔短縮も(09/16)

英政府、50歳以上に追加接種 冬季コロナ対策もワクチン展開柱(09/15)

英、EU製品の国境検査導入を来年に延期(09/15)

EU製品の関税、1~7月は42%増(09/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン