• 印刷する

欧州金融機関1千社が英オフィス開設を計画

欧州の金融サービス企業1,500社近くが英国での事業許可を申請し、うち約1,000社が初の英国オフィス開設を計画している。金融規制コンサルタントの英ボビル(Bovill)が22日、情報公開請求で得たデータとして明らかにした。

それによると、リテール(小口金融)やホールセールなどの金融機関100社余りや、保険、保険仲介業者400社以上が英国への移転もしくは既存の英国オフィスの拡大を計画。これについてボビルは「欧州連合(EU)を離脱した同国が、引き続きグローバル金融の重要な舞台であり続けることをうかがわせる」としている。

申請企業の所在地はアイルランド(230社)が最多で、これに続くフランス(186社)、ドイツ(168社)を合わせた3カ国だけで全体の3分の1以上を占めている。

こうした中、ブレグジットは欧州の株式市場の構造的変化ももたらしているようだ。英国のEU離脱後の移行期間が昨年12月31日に終了し、EUの金融機関がロンドンで取引を行えなくなった1月、アムステルダムでの株取引高がロンドンを上回り、欧州で首位に立っている。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

官邸職員、規制違反をネタに 内部動画流出で批判集中(12/09)

ベラルーシ、欧米諸国の食品禁輸=1月から(12/09)

イングランド、40代の追加接種予約を開始(12/09)

英、北京五輪を外交的ボイコットへ(12/09)

石油BP、越同業との合弁事業を延長(12/09)

オミクロン株、英で市中感染 累計感染者数は400人超え(12/08)

ウーバー、英でVAT20%徴収を検討か(12/08)

テスコ、配送拠点で6200人がスト実施も(12/08)

BRC小売売上高、11月は1.8%増加(12/08)

英CDC、印での投資額を引き上げ(12/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン