• 印刷する

財務相、来年度の歳出計画発表 財政赤字額は平時で過去最高に

英国のスナク財務相は25日、2021/22年度の歳出計画を発表した。新型コロナウイルス危機を受け、今年度の財政赤字額を示す公共部門純借入額(PSNB)が平時としては史上最大の3,940億ポンドに達する見通しの中、国民医療制度(NHS)職員などを除く公務員賃金の凍結や、海外援助の縮小を打ち出している。

同相は、下院での演説で「医療面の危機はまだ終わっておらず、経済的な緊急事態はまだ始まったばかり」と指摘。今回の歳出計画の主眼は、国民の命と生計を守ることと強調した。新型コロナウイルス危機を乗り切る目的で今年度に費やした支出は、2,800億ポンドに上るとしている。

公務員賃金については、NHS職員や平均賃金以下で働く公務員を除き、1年間凍結する。民間部門で失業者が増える中、公務員と民間の格差を解消する狙い。また、コロナ禍による貧富の差の拡大を防ぐため、法定最低賃金の「全国生活賃金」を2.2%引き上げ、8.91ポンドとする。

一方で、海外援助については、与党・保守党が公約に掲げたGDPの0.7%から0.5%に縮小する。

また、来年度は総額1,000億ポンドのインフラ投資を予定する。各省庁の21/22年度の日常的な支出は、今年度から平均3.8%増と、過去15年で最大の伸びとなり、金額では148億ポンド増える見通し。中でも医療予算を66億ポンド拡大するほか、学校予算も22億ポンド増やす。地域開発に向けては、欧州連合(EU)離脱後もEUからの補助金に見合う額を拠出するとしている。

政府は通常、秋の予算案で財政状況や税制改正について説明するが、スナク財務相は先に、新型コロナウイルス危機への対応を優先するとして、これを来年に延期。今回は来年度の各省庁への予算割り振りの発表にとどめるとしていた。

■財政赤字は対GDP比19%に

予算責任局(OBR)はこの日、今年の国内総生産(GDP)が前年比11.3%落ち込むとの見通しを示した。7月時点の予測である12.4%減から上方修正している。21年には5.5%増、22年には6.6%増の回復を見込む。ただ、GDPが危機前の水準に回復するのは22年第4四半期(10~12月)になる見通し。

失業率は、今年は4.4%となり、来年に6.8%でピークに達した後、低下に転じると予想する。

20/21年度のPSNBは3,940億ポンドと、対GDP比で19%に達する見通し。新型コロナウイルス対策の支出拡大を背景に、前年度の560億ポンドから大幅に拡大し、第2次世界大戦以降で最高水準に達するとみている。PSNBは、21/22年には1,640億ポンド、22/23年度には1,050億ポンドに縮小するとみる。

公的債務残高は、今年度は対GDP比で106.5%と、前年度の88.5%から大幅に拡大する見通し。21/22年度以降も拡大を続け、23/24年度に109.4%でピークに達するとみている。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧米からの入国者の隔離免除 英、ワクチン完了者と未成年対象(08/03)

防衛システムのメギット、米社に身売り(08/03)

英鉄道主要4駅、検査でウイルス検出されず(08/03)

金融HSBC、上半期は2.5倍に増益(08/03)

英政府、自転車専用レーンなどへの予算増額(08/03)

代替肉メーカー、300万ポンド超を資金調達(08/03)

航空IAG、上半期は20億ポンドの赤字(08/02)

自動車販売インチケープ、中国・吉利と提携(08/02)

印アショク、英子会社通じ電動車事業を推進(08/02)

英、予定通り隔離規制緩和へ 8月16日からワクチン完了者対象(07/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン