• 印刷する

独GDP、8.5%拡大 改定値で上方修正=第3四半期

ドイツ連邦統計庁は24日、2020年第3四半期(7~9月)の国内総生産(GDP、季節要因・稼働日数調整済みの改定値)成長率が前期比で8.5%だったと発表した。速報値から0.3ポイント上方修正され、過去最悪の下げ幅を記録した前期のマイナス9.8%から大幅な改善となった。家計最終消費支出と輸出入の力強い伸びが寄与した。

項目別に見ると、 家計最終消費支出は10.8%増加し、前期のマイナス11.1%から大きく持ち直した。政府最終消費支出は0.8%増と、1.4ポイント低下。投資を示す総固定資本形成は3.6%伸び、うち設備投資が大きく16%拡大した半面、建設投資は2%減っている。

輸出は18.1%増加し、伸びは第2四半期のマイナス20.5%からこちらも大きく拡大。輸入は前期の15.9%減から9.1%のプラスとなった。輸出から輸入を差し引いた純輸出はGDPを3.9ポイント押し上げた。

中銀のドイツ連邦銀行は先に、新規受注の低迷や、新型コロナウイルスの感染封じ込め策が依然としてサービス業に悪影響を及ぼしているため、ドイツ経済の回復は年末に向け勢いを失うとの見方を示した。また、欧州委員会は秋季経済見通しの中で、ドイツのGDPが今年は5.6%縮小すると予想している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、1.5億ユーロ拠出 商用EV向け充電インフラ拡大へ(05/22)

独英送電線「ノイコネクト」、独側で着工(05/22)

BMW、中国製部品の禁輸に違反=米報告書(05/22)

独貨物鉄道の国家補助、欧州委が承認(05/22)

米当局、VWのEV調査=リコール視野に(05/22)

金融監督庁、オンライン銀N26に罰金(05/22)

生産者物価、4月は3.3%低下(05/22)

韓国・斗山、独に欧州支社設立=ロボ展開へ(05/22)

ドイツの極右犯罪、昨年は23%増加(05/22)

ルフトハンザ、ITAへの出資計画が難航(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン