• 印刷する

シーメンス・エナジーが上場 時価総額は約160億ユーロ

ドイツの総合電機大手シーメンスのエネルギー部門「シーメンス・エナジー」は28日、フランクフルト証券取引所に上場した。時価総額は約160億ユーロとなり、今年に入ってからは欧州で最大規模の上場案件となる。

初値は1株当たり22.01ユーロを付けた。アナリストらは、時価総額は170億~240億ユーロになるとみていた。

シーメンスはスピンオフ(事業の分離・独立)に伴い、シーメンス・エナジー株55%を、シーメンス株2株当たりシーメンス・エナジー株1株の比率で既存株主に割り当てる。シーメンスの持ち株比率は35.1%となり、残りの9.9%は同社の年金基金が保有する。シーメンスはまた、向こう12~18カ月でさらなる株式放出を計画している。

シーメンスは2月、事業再編計画の一環で、シーメンス・エナジーを9月末までにスピンオフすると発表。8月には、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による事業への影響が懸念される中、この計画を予定通り実施する方針を改めて示していた。

シーメンス・エナジーは、ガスタービンや発電機、コンプレッサーなどを手掛け、従業員数は世界全体でおよそ9万1,000人。ここ数年は業績悪化に苦しんでおり、昨年には世界全体で2,700人を削減する方針を明らかにした。昨年の売上高は約288億ユーロだった。[M&A]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電機金融電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

スペイン、15カ月ぶりに国際客船受け入れ(06/17)

VW、EV電池の原材料供給で複数社と協議(06/17)

ダイムラーとVW、時短勤務=半導体不足(06/17)

ZF、中国社と駐車支援システム開発で提携(06/17)

韓国、キュアバックにワクチン生産提案(06/17)

与党CDU・CSU、選挙公約で増税除外か(06/16)

独ドラクスルマイヤー、西部にEV電池工場(06/16)

ポルシェの技術子会社、ルーマニアに新拠点(06/16)

ルフトハンザ、コロナ後の中期目標を公表(06/16)

独大統領、イスラエル訪問へ=新政権と連携(06/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン