化学物質巡り対立する経済と環境 <連載コラム・環境フォーカス>第47回

欧州連合(EU)の各機構が長い夏季休暇を終えて作業を再開する中、化学物質戦略案を巡る議論が活発化している。近く公表されるこの戦略の狙いは「有害物質のない環境」を生み出すことだ。(ナディア・ウィークス/再生エネルギ―・環境政策専門記者) 同戦略案の策定作業は、1年…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

独、米国産LNG輸入に10億ユーロ投資も(09/18)

<連載コラム・欧州M&A最前線>8月 NIGEL’S INSIGHT(09/18)

ドイツ産業連盟、新たな排出削減目標に懸念(09/18)

欧州新車登録、8月は19%減 減少幅が市場予想を上回る(09/18)

英中銀、金利を0.1%で据え置き(09/18)

欧州委、復興計画の実行案を公表(09/18)

欧州議会、自動車の排ガス規制の改正案可決(09/18)

ユーロ圏インフレ率、マイナス0.2%に(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン