化学物質巡り対立する経済と環境 <連載コラム・環境フォーカス>第47回

欧州連合(EU)の各機構が長い夏季休暇を終えて作業を再開する中、化学物質戦略案を巡る議論が活発化している。近く公表されるこの戦略の狙いは「有害物質のない環境」を生み出すことだ。(ナディア・ウィークス/再生エネルギ―・環境政策専門記者) 同戦略案の策定作業は、1年…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アルメニアとEU、包括的提携協定が発効(03/02)

2月は過去3年で最高 ユーロ圏製造業PMI確定値(03/02)

イラン、核合意正常化向けた会合不参加(03/02)

EU、クリーン燃料使用の航空機開発を助成(03/02)

WTO、初の女性事務局長が就任(03/02)

サウジ、グリーン水素の欧州販売を検討(03/02)

【今週の主な予定】3月1~5日(03/01)

英企業、最大の悩みは税関書類 ブレグジット後の貿易で=統計局(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン