• 印刷する

英、重工業などの脱炭素化に3.5億ポンド

英政府は22日、重工業や建設、宇宙、運輸などの分野における脱炭素化を支援するため、3億5,000万ポンドを拠出すると発表した。新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた国内経済の回復を図るとともに、2050年までに炭素排出量を実質ゼロにする政府目標の達成を目指す。

拠出額の内訳は、ガスからクリーン水素への燃料転換や二酸化炭素(CO2)回収・貯留(CCS)の拡大などに1億3,900万ポンド、重工業での革新的な素材の利用推進に1億4,900万ポンド、建設業での炭素排出とコストを削減する先進的な建設技術の支援に2,600万ポンド。このほか最先端の建設技術プロジェクト、地球規模での気候変動の監視など新たな宇宙イノベーションプログラム、自動車分野の効率的な電気モーターや強力な電池などの研究開発(R&D)にも資金を提供する。

なお政府はこの日、環境分野や航空・宇宙業界の代表者と政府からなるジェットゼロ評議会の初会合を開催した。この評議会では、政府が標榜する長距離の民間航空機のゼロエミッション達成に向け、航空分野の炭素排出削減に取り組む。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

イングランド全域で規制強化も 英政府、10月中の2週間を検討(09/21)

ユーロネクスト、ミラノ証取売却で独占協議(09/21)

英、スロベニアを自主隔離対象国に(09/21)

英政府、鉄道路線のさらなる国有化も(09/21)

小売売上高、8月は0.8%増加(09/21)

2ペンス硬貨など、10年間は製造計画なし(09/21)

欧州委員長「英との貿易交渉妥結まだ可能」(09/21)

イングランド北東部で新規制 世帯間交流や飲食店の営業制限(09/18)

英、店舗の立ち退き禁止措置を年末まで延長(09/18)

新規感染者数、8月下旬から2.5倍超に増加(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン