• 印刷する

エネルギー効率化支援へ 建物の改修補助に30億ポンド

スナク財務相は8日、建物のエネルギー効率化に向けた総額30億ポンドの支援策を発表する。新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた国内経済の立て直しを図るとともに、2050年までに炭素排出量を実質ゼロにするという政府目標の達成を目指す。BBC電子版などが7日伝えた。

30億ポンドのうち20億ポンドは一般家屋向けで、床や壁、屋根裏の断熱工事のほか、二重ガラス窓への取り替えなど、エネルギーを効率化する改修費を補助する。費用の少なくとも3分の2を対象に、最大5,000ポンドを支給するが、低所得者層には最大1万ポンドを補助する。

業者が見積もりを提出して承認されれば、バウチャーを発行する仕組みで、9月にも補助を開始する見通し。世帯によっては、年間600ポンドの光熱費を節減できるという。残りの10億ポンドは、学校や病院など公共の建物の断熱工事や公営住宅に対する低炭素の暖房技術の導入などが対象となる。

支援の期間は1年間で、これにより10万人以上の雇用を支えるという。与党・保守党は、昨年12月の総選挙に向けたマニフェストで、エネルギー効率化に向けた支援策として長期的に92億ポンドを投じることを約束していた。

環境団体などは今回の措置を歓迎しているものの、ドイツやフランスが打ち出した気候変動に対する緊急施策と比べて規模が小さいとして、長期の投資が必要と指摘している。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テスコの決定に競合が追随 事業税控除分を追納=批判受け(12/04)

イングランドなど、生きた家畜の輸出禁止も(12/04)

婦人服販売ボンマルシェ、再び経営破綻(12/04)

ベントレー、英離脱に備え貨物機借り入れへ(12/04)

11月は45.3に大幅下落 ユーロ圏総合PMI確定値(12/04)

インターコンチ、タイでホテルを増設へ(12/04)

製薬クリニジェン、マレーシアに事務所開設(12/04)

スタンチャート、中国の市場業務を強化(12/04)

オランダ港、ブレグジット注意喚起を本格化(12/03)

英、米独社のワクチンを承認 近く国民への接種開始も(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン