• 印刷する

独経済成長率、0.6%に減速 2019年は過去6年で最低

ドイツ連邦統計庁は15日、2019年の実質国内総生産(GDP、速報値)が前年比0.6%増加したと発表した。2018年の1.5%増から伸びが大きく減速し、2013年以降で最低を記録。過去10年間の平均である1.3%も下回っている。

支出項目別では、家計最終消費支出が1.6%、政府最終消費支出が2.5%それぞれ拡大し、共に2018年から加速。投資を示す総固定資本形成は2.5%増えたものの、こちらは1ポイント減速した。輸出の伸びは0.9%と輸入の1.9%を下回り、輸出から輸入を差し引いた純輸出はGDPを0.4ポイント押し下げた。

GDPは、季節要因・稼働日数調整後でも0.6%拡大した。

連邦統計庁は、ドイツ経済は10年連続で成長を続けており、東西統合後で最長を記録したとコメント。公共部門の財政黒字が縮小したほか、輸出入が共に落ち込んだことが、経済成長を鈍らせたと指摘している。なお、2019年第4四半期(10~12月)のGDP速報値は2月14日に公表される予定。

独財務省は先に、2019年の財政黒字が過去最高の135億ユーロに達したと発表。潤沢な政府予備費を巡り、メルケル首相率いる保守派が法人減税を求める一方、ショルツ財務相は公共投資拡大を主張するなど、連立政権内で意見が割れている。ドイツ経済の今回の低成長を受け、公共投資への予算拡大を求める声が高まるとみられる。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

VW、営業利益が過去最高に コロナ前の水準上回る=上半期(07/30)

VW、仏ヨーロッパカー買収で合意(07/30)

ティッセン、FLスミスに鉱山機械事業売却(07/30)

インフレ率、7月は3.8%=速報値(07/30)

失業率、7月は5.7%に改善(07/30)

A・シュプリンガー、中東欧合弁の株式売却(07/30)

VW、印でタイグンの生産開始へ(07/30)

アナドル、食品配達ゲティルと提携協議(07/29)

ドイツ銀、第2四半期は黒字回復(07/29)

化学BASF、第2四半期は黒字回復(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン