【年始特集】新欧州委、2020年に本格始動 グリーン重視も足元の外交には難題

フォンデアライエン新体制による欧州委員会が、昨年12月1日に1カ月遅れで発足した。フランスなどの委員候補の承認獲得に時間を要したためだ。彼女の任期は2024年までの5年。その間に立ち向かわなければならない課題や難題は数多くある。(丸紅欧州会社国際調査チーム長・松原弘…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

英とEU、4度目の貿易交渉 バルニエ氏「英は現実直視を」(06/02)

ECB、独貯蓄銀行の預金保護制度を問題視(06/02)

5月は回復もなお分岐点割れ ユーロ圏製造業PMI確定値(06/02)

EU、米国にWHO脱退の再考を要求(06/02)

米発端の人種差別反対デモ、英独にも波及(06/02)

【今週の主な予定】6月1~5日(06/01)

武田薬品、欧州委が資産売却義務を解除(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン