米国型資金調達が再生エネ開発の命綱 <連載コラム・エネルギーTODAY>第37回

欧州連合(EU)が2050年までに炭素排出量の実質ゼロ化を実現するためには、大規模な再生可能エネルギー開発を進める必要がある。これを促す資金調達モデルが電力購入契約(PPA)、つまり企業の再生可能エネルギーPPAだ。PPAとは通常、10~25年の長期にわたり、大企業が…

関連国・地域: EU
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド上院、司法改革法案を否決(01/21)

GDPR罰金額が1億ユーロに 違反件数で最多はオランダ(01/21)

EUガスプロジェクト、大半が不要=調査(01/21)

リビア和平会議、関係国が介入停止宣言(01/21)

英国、EU市民の自動国外退去処分を否定(01/21)

プラスチックのリサイクル率、仏で低迷(01/21)

金融1千社超がEU離脱後に英国拠点開設へ(01/21)

【今週の主な予定】1月20~24日(01/20)

欧州投資銀、リトアニアに拠点開設(01/20)

スイス、EU移民規制巡り5月に国民投票(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン