• 印刷する

テスラ、ベルリンに欧州工場 バッテリーとEV生産へ

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は12日、ベルリンに同社初の欧州工場を建設すると発表した。世界4カ所目となる「ギガファクトリー」で、バッテリーと車両を生産する方針だ。

新工場は建設中の新ベルリン空港付近に建てられる予定で、2021年の操業開始を見込む。まずは「モデルY」のバッテリーとパワートレイン、車両を生産する。工場の規模や従業員数などの詳細は明らかにされていないが、テスラは既に同工場向けの求人を開始している。独タブロイド紙ビルトによると、1万人の雇用が創出される見通しだという。

マスクCEOは、ベルリンを欧州工場の建設地として選んだ理由について、「ドイツのエンジニアリングが優れていることは周知の事実」と説明。ブレグジットを巡る先行き不透明感から、英国での工場設置はリスクがあるとの見方を示している。

テスラは併せて、ベルリンにエンジニアリング・設計センターを設置する計画を明らかにした。

同社は米ネバダ州とニューヨーク州、中国・上海にギガファクトリーを展開している。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 自動車・二輪車電機建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

新車登録台数、11月は10%増 ドイツ車が好調=VWは2桁増(12/05)

独BMW、ハンガリー工場が来春着工へ(12/05)

独車の米国販売、5社がいずれも前年越え(12/05)

独検察、排ガス不正問題でVW本社を捜索(12/05)

ドイツ機械受注高、10月は11%減少(12/05)

オンライン銀N26、5年以内にIPO実施も(12/05)

「バルサミコ」の商品名は合法=欧州司法裁(12/05)

欧州投資銀、鉄鋼ザルツギッターに融資(12/05)

ティッセン、ウィルヘルムセンと3D印刷(12/05)

独バルタ、米社の電池事業取得をEUが承認(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン