フィンエアー、第3四半期は17.9%減益

フィンランド航空(フィンエアー)は22日、第3四半期(7~9月)の純利益が5,760万ユーロとなり、前年同期比17.9%減少したと発表した。民主化運動が長期化する香港を含むアジア路線の需要減退が響いた。 売上高は7.9%増の8億7,030万ユーロ。輸送実績を見ると、乗客数は408万…

関連国・地域: フィンランド
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サフト、風力発電所向け蓄電システム受注(11/21)

ノキア、印社とスマートテレビで提携(11/20)

日立とノキア、ローカル5Gの導入で協業(11/19)

電力フォータム、露が独ユニパー買収を承認(11/18)

ノキア、ブダペストにITコンピテンス施設(11/18)

MaaSグローバル、BPなどが出資(11/14)

欧州委、テリアのボニエ買収を条件付き承認(11/13)

仙台市とノキア、災害時ドローン活用を実証(11/13)

ノキア、マレーシア港湾での5G実験を計画(11/11)

MaaSアプリのウィム、ウィーン進出(11/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン