クリーン燃料の商業化、鍵握るEU <連載コラム・エネルギーTODAY>第36回

欧州委員会は、2050年までに欧州連合(EU)の二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロとすることを目指しているが、運輸業界のエネルギー転換に役立つ革新的燃料の支援策はとられていない。全ての交通機関を電化することは不可能であり、少なくとも空運や海運、場合によってはトラ…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EU離脱、英環境規制への影響は <連載コラム・環境フォーカス>第41回(02/14)

欧州投資銀、エネルギー供給レザルタに融資(02/14)

ユーロ圏成長率の見通し維持 今年は1.2%=欧州委(02/14)

欧州議会、英にEU規制への追随を要求(02/14)

越政府、EU向け水産の添加物規制を強化へ(02/14)

フィリピン、対EU輸出の原産地証明を変更(02/14)

欧州委、ポルトガルを中古車税巡り提訴(02/13)

【ウイークリー統計】第56回 欧州の親は幼児教育に熱心(02/13)

北マケドニア議会、NATO加盟を批准(02/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン