クリーン燃料の商業化、鍵握るEU <連載コラム・エネルギーTODAY>第36回

欧州委員会は、2050年までに欧州連合(EU)の二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロとすることを目指しているが、運輸業界のエネルギー転換に役立つ革新的燃料の支援策はとられていない。全ての交通機関を電化することは不可能であり、少なくとも空運や海運、場合によってはトラ…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

米CBOE、清算機関ユーロCCPを買収へ(12/11)

欧州委、航空会社のブラックリストを更新(12/11)

CO2排出量、欧州最多10社に初の海運会社(12/11)

英総選挙、若者の動向が予測不能な要因に(12/11)

伊政府、A・ミタル撤退ならイルバに支援も(12/10)

【欧州月報】先月の動向・11月 ドイツが辛くもリセッション回避(12/10)

【欧州月報】11月の主なニュース(12/10)

FCA、欧州委の追徴命令巡り上訴(12/10)

欧州委、32億ユーロの電池研究補助を承認(12/10)

労働党、100日以内の緊縮財政終了を公約(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン