クリーン燃料の商業化、鍵握るEU <連載コラム・エネルギーTODAY>第36回

欧州委員会は、2050年までに欧州連合(EU)の二酸化炭素(CO2)排出量を実質ゼロとすることを目指しているが、運輸業界のエネルギー転換に役立つ革新的燃料の支援策はとられていない。全ての交通機関を電化することは不可能であり、少なくとも空運や海運、場合によってはトラ…

関連国・地域: EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド下院、EU復興基金の財源案批准(05/06)

【月次リポート】欧州(4月)(05/06)

イタリアなど、独自のワクチン証明書導入へ(05/06)

4月も上昇で分岐点超え ユーロ圏総合PMI確定値(05/06)

EMA、中国製ワクチンの逐次審査開始(05/06)

EU、食用ミールワームの域内販売を承認(05/06)

ユーロ圏生産者物価、3月は4.3%上昇(05/06)

ステランティス、第1四半期は14%増収(05/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン