露当局、原子力事故で放射線量の上昇認める

ロシア北部アルハンゲリスク州の海軍実験場で8日に発生したミサイル実験中の爆発事故を巡り、ロシア水文気象環境監視局(Rosgidromet)は13日、近隣のセベロドビンスク(Severodvinsk)市の放射線量が一時的に基準値の最大16倍に上昇したと発表した。イタルタス通信が伝えた。 そ…

関連国・地域: ロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロシア―アフリカサミットが23日開催へ(10/22)

蘭ベオン、カザフスタンで5G試験を開始(10/22)

シベリア東部で金鉱山のダム決壊、15人死亡(10/22)

トルコと米国、シリア軍事作戦の停止で合意(10/21)

チェコ首相、EU法抵触でも原発建設に意欲(10/18)

RDIF、UAE社と28億ドル共同投資へ(10/18)

ロシア鉱工業生産、9月は3%増加(10/18)

ロシア、石油輸出関税を11月から引き上げ(10/17)

露、2021年末までにドローン試験場建設へ(10/17)

ロスアトム、浮体式原発巡りブラジルと協議(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン