• 印刷する

消費者信頼感、7月は悪化 収入の見込み悲観視=GfK

市場調査会社GfKは26日、ドイツの7月の消費者信頼感指数が9.8ポイント(予測値)となったと発表した。前月から0.3ポイント低下。市場予想を下回り、2カ月連続で悪化した。

GfKは毎月、消費者約2,000人を対象にアンケートを実施。主に「収入の見込み」と「購買意欲」の二つの指数から信頼感指数を算出する。他に「景気見通し」についても尋ねている。

6月の詳報を見ると、「収入の見込み」は45.5ポイントと、大きく12.2ポイント悪化。半面、「購買意欲」は3.2ポイント上がり53.7ポイントだった。「景気見通し」は2.4ポイントと、0.7ポイント改善している。

GfKは、内需は依然としてドイツ経済の重要な柱であり、これを保つためには米国との貿易摩擦を巡る雇用の先行き不透明感が一刻も早く解消されるべきと分析。これが実現しなれば、消費者信頼感はさらなる緊張状態に陥るとし、今年の個人消費が1.5%増加するとのGfKの予想を修正する必要もあると説明している。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

独経済省、中国への貿易依存脱却を提案(12/05)

独、露産石油からの脱却でポーランドと協力(12/05)

ウニクレディト、伊社員に一時金=物価対策(12/05)

VW、北米初の電池工場はカナダが最有力(12/05)

機械受注高、10月は12%減少(12/05)

貿易収支、10月は黒字拡大(12/05)

独政府、ガーナの開発支援に8200万ユーロ(12/05)

独、移民規制の緩和で基本合意(12/02)

ボッシュの自動駐車ソフト、独で承認(12/02)

横浜ゴム、独で情報セキュリティー認証取得(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン