• 印刷する

消費者信頼感、7月は悪化 収入の見込み悲観視=GfK

市場調査会社GfKは26日、ドイツの7月の消費者信頼感指数が9.8ポイント(予測値)となったと発表した。前月から0.3ポイント低下。市場予想を下回り、2カ月連続で悪化した。

GfKは毎月、消費者約2,000人を対象にアンケートを実施。主に「収入の見込み」と「購買意欲」の二つの指数から信頼感指数を算出する。他に「景気見通し」についても尋ねている。

6月の詳報を見ると、「収入の見込み」は45.5ポイントと、大きく12.2ポイント悪化。半面、「購買意欲」は3.2ポイント上がり53.7ポイントだった。「景気見通し」は2.4ポイントと、0.7ポイント改善している。

GfKは、内需は依然としてドイツ経済の重要な柱であり、これを保つためには米国との貿易摩擦を巡る雇用の先行き不透明感が一刻も早く解消されるべきと分析。これが実現しなれば、消費者信頼感はさらなる緊張状態に陥るとし、今年の個人消費が1.5%増加するとのGfKの予想を修正する必要もあると説明している。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀、フィンテック企業の4.9%株取得(09/20)

独瓶詰め機クロネス、ハンガリー工場が開所(09/20)

ECB、ドイツ銀の自社債買い戻しで調査も(09/20)

欧州EV電池同盟、仏に試験工場開設へ(09/20)

独ヒューブナー、ハンガリー工場を拡張(09/20)

独財務相「英の合意なき離脱は貿易に障害」(09/20)

ダイムラー、CATLから商用車電池を調達(09/20)

独、サウジへの武器禁輸措置をさらに延長(09/20)

起業支援ロケット、上半期は2倍弱に増益(09/20)

ヘラー、商用車用フルLED補助ライト投入(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン