• 印刷する

首相、離脱方針の新提案公表 与野党から内容に批判噴出

メイ首相は21日、欧州連合(EU)離脱協定法案に盛り込む新提案の内容を明らかにした。最大野党・労働党の議員の支持獲得を狙い、2度目の国民投票実施の是非を巡る下院での採決を約束したほか、EUとの関税同盟を巡る妥協案も提示。一方、与党・保守党の離脱強硬派や北アイルランド・民主統一党(DUP)が反対する「バックストップ(安全策)」についても、懸念を和らげる措置を盛り込んでいる。ただ、すでに与野党からは新提案への批判が噴出しており、6月3日の週に予定される採決で同法案が可決される見込みはなお薄い。

この法案は、メイ首相がEUと合意した離脱協定を実施するための国内法案。ただ、離脱協定自体の修正はEUが拒否しているため、同協定に付随する政治宣言を修正する形で、10項目の新たな措置を盛り込んでいる。その一つとして、同法案が可決されれば、その是非を問う2度目の国民投票を実施するかどうかについて下院で採決を行うことを約束。政府は採決の結果に従うとしている。

労働党が求めていたEUとの関税同盟については、政府が推す製品貿易を対象とした一時的な関税同盟案のほか、いくつかの選択肢について下院で採決する方針。さらに、新労働者権利法案や環境保護局の新設案を打ち出し、労働党の要求通り労働者の権利や環境の保護に努めるとしている。一方、バックストップについては、移行期間が終了する2020年12月までに代替措置でEUと合意することを目指すよう政府に義務付けるほか、バックストップが導入された場合には、英本土と英領北アイルランドに単一の関税が適用されるようにするなどとした。

メイ首相は、同法案の採決は「国民投票の結果を実現する最後のチャンス」と訴え、与野党の下院議員に支持を求めた。ただ、労働党のコービン党首は同首相の新提案について、「関税同盟にせよ諸権利の保護にせよ、すでに議論済みの案の焼き直しに過ぎず、根本的な譲歩ではない」と批判。一方、保守党内の離脱強硬派は関税同盟を巡る譲歩に猛反発しており、一部では同首相の早期退陣を求める声が新たに上がっている。AFP通信によると、これを受けゴーブ環境・食料・農村相は、離脱協定法案の採決が取りやめになる可能性もあると示唆している。[環境ニュース][労務]


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

イングランド全域で規制強化も 英政府、10月中の2週間を検討(09/21)

ユーロネクスト、ミラノ証取売却で独占協議(09/21)

英、スロベニアを自主隔離対象国に(09/21)

英政府、鉄道路線のさらなる国有化も(09/21)

小売売上高、8月は0.8%増加(09/21)

2ペンス硬貨など、10年間は製造計画なし(09/21)

欧州委員長「英との貿易交渉妥結まだ可能」(09/21)

イングランド北東部で新規制 世帯間交流や飲食店の営業制限(09/18)

英、店舗の立ち退き禁止措置を年末まで延長(09/18)

新規感染者数、8月下旬から2.5倍超に増加(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン