<連載コラム・エネルギーTODAY>第32回 サステナブル・ファイナンス巡る法制化進むEU

ブリュッセルの欧州連合(EU)本部では「サステナブル・ファイナンス(持続可能な金融)」が新たなバズワードとなっている。石油・ガス大手企業が既に地政学と気候変動を専門とする担当者をここに送り込んでいるとしたら、3人目はサステナブル・ファイナンスの担当者になるだろ…

関連国・地域: 英国フランスEUベルギーフィンランドルーマニア中南米欧州
関連業種: 自動車・二輪車化学金融天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】7月22~26日(07/22)

トルコ南東部でバス横転、不法移民15人死亡(07/22)

伊連立与党、欧州委員長人事巡り崩壊の危機(07/22)

英下院、合意なき離脱阻止に向けた案を可決(07/22)

ジョンソン氏、首相就任なら閣僚3人辞任も(07/22)

ユーロ圏、財政赤字が縮小 対GDP比で0.5%に(07/22)

IEA、今年の石油需要見通し引き下げへ(07/22)

EUのパーム油規制、マが抗議文提出へ(07/22)

合意なき離脱なら景気後退も 英予算責任局が報告書で指摘(07/19)

露、欧州の対イラン貿易支援機関に参加も(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン