<連載コラム・エネルギーTODAY>第32回 サステナブル・ファイナンス巡る法制化進むEU

ブリュッセルの欧州連合(EU)本部では「サステナブル・ファイナンス(持続可能な金融)」が新たなバズワードとなっている。石油・ガス大手企業が既に地政学と気候変動を専門とする担当者をここに送り込んでいるとしたら、3人目はサステナブル・ファイナンスの担当者になるだろ…

関連国・地域: 英国フランスEUベルギーフィンランドルーマニア中南米欧州
関連業種: 自動車・二輪車化学金融天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

トランプ大統領、欧州委員長に貿易交渉要求(01/23)

独仏政府、途上国の気候変動対策支援に参画(01/23)

CBI製造業受注、直近3カ月は減速(01/23)

与党と国民連合、英離脱で欧州議員が同数に(01/23)

ネット銀モニース、ユニコーン入り間近か(01/23)

ZEW景気期待指数、1月も大幅上昇(01/22)

ダボス会議が開幕=気候変動対策など焦点(01/22)

EU離脱法案の修正案を可決 上院、在英EU市民の権利など(01/22)

【欧州企業よもやま話】第297回:ラクタリス 美食の国の“大統領級”チーズ(01/22)

上院特別委、サルビーニ前内相の裁判を支持(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン