• 印刷する

ZEW景気期待指数、4月は大幅に改善

欧州経済研究センター(ZEW)は16日、4月のドイツの景気期待指数が3.1ポイントとなったと発表した。長期平均(22.2ポイント)は依然として下回っているものの、前月のマイナス3.6ポイントから6.7ポイント上昇し、13カ月ぶりにプラス圏に復帰した。

景気期待指数は向こう6カ月間に国内経済が「改善する」と回答した割合から「悪化する」の割合を差し引いて算出する。今回の調査は4月8~15日に、アナリスト198人に見通しを尋ねた。現況指数は5.5ポイントと3月から5.6ポイント悪化した。

ZEWのアヒム・ワンバッハ所長は、景気期待指数の上昇は、世界の経済情勢がこれまで予想されていた程は悪化しないという希望的観測に基づいていると説明。英国の欧州連合(EU)離脱期限が延期されたことも経済見通しの改善に貢献したとしている。一方で、ドイツ産業界の受注と鉱工業生産の最新数値は、経済成長の低迷を示していると分析している。

なお、ユーロ圏の4月の景気期待指数は4.5ポイントと、こちらも前月から大きく7ポイント改善し、プラスを回復した。現況指数は6.6ポイント落ち込み、マイナス13.2ポイントとなった。


関連国・地域: 英国ドイツEU
関連業種: その他製造天然資源マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ダイムラー、半導体不足で1.8万人時短に(04/22)

ドイツ取引所、コインベース株の上場停止へ(04/22)

ユニパー、オランダの脱石炭法巡り提訴へ(04/22)

BMWの中国合弁、現地産ミニを23年投入(04/22)

フードパンダ、フィリピンでシェア7割達成(04/22)

ベルリンで新規制に反対する大規模デモ(04/22)

首相候補にラシェット氏 与党、党内投票で賛成多数(04/21)

ボルボ、30年までに電動車の販売割合5割に(04/21)

政府、緊急ブレーキ案を承認=夜間外出禁止(04/21)

当局、インサイダーでドイツ銀幹部を告発(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン