• 印刷する

航空フライbmiが破綻、全便キャンセル

英国の地方航空フライbmiを運営するブリティッシュ・ミッドランド・リージョナルは16日、営業を停止し、管財人の管理下に入ったと発表した。これに伴い、全便がキャンセルとなり、欧州各地で利用者が足止めされた。

フライbmiは航空機17機を保有し、欧州25都市で就航していた。営業停止により、英国とドイツ、スウェーデン、ベルギ―の従業員376人が影響を受ける見通しだ。同社は経営破綻の理由について、「ブレグジットを巡る先行き不透明感と燃料価格および炭素コストの上昇のため」と説明している。

フライbmiは、独ルフトハンザ航空と同社傘下のブリュッセル航空および伊エアドロミティ(Air Dolomiti)のほか、スコットランドの地方航空ローガンエアー(Loganair)、トルコ航空、仏エールフランスとコードシェア(共同運航)を実施。昨年は2万9,000便を運航し、乗客数は52万2,000人だった。

■ローガンが路線引き受け

ローガンエアーは17日、フライbmiが運航していた5路線を引き受けると発表。スコットランド北東部アバディーンとイングランド南西部ブリストル、ノルウェーの首都オスロ、デンマーク南西部エスビャウ(Esbjerg)をそれぞれ結ぶ路線の運航を3月4日から再開するほか、イングランド北東部ニューカッスルとノルウェー南西部スタバンゲル(Stavanger)、ベルギーの首都ブリュッセルをそれぞれつなぐ路線を同月25日から運航する。これらの路線の航空券は、18日からローガンエアーのウェブサイトまたは旅行代理店で予約を受け付ける。[労務][環境ニュース]


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUベルギーイタリアスウェーデンデンマークノルウェートルコ欧州
関連業種: 運輸IT・通信天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

英米豪が安全保障で新枠組み 豪へ原潜技術提供、中国念頭に(09/17)

シェル、ロッテルダムにバイオ燃料施設建設(09/17)

ジョンソン政権、内閣改造後の顔ぶれ確定(09/17)

英政府、入国時の陰性証明提示の廃止を検討(09/17)

英送電施設で火災、供給止まり電力価格高騰(09/17)

米肥料CF、ガス価格高騰で英2工場停止(09/17)

英韓2社、65都市に空飛ぶタクシーのハブ(09/17)

製薬アストラゼネカ、サウジで事業拡大へ(09/17)

ロンドン東部で新経済特区が開業=離脱後初(09/17)

英オフィス勤務者の大半、完全出勤に戻らず(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン