• 印刷する

Ifo、向こう3年の成長見通し引き下げ

Ifo経済研究所は13日、ドイツの今年の国内総生産(GDP)成長率が1.5%になるとの見通しを明らかにした。前回9月時点の予測から0.4ポイント下方修正している。2019年の成長率見通しも1.1%にとどまると予想し、0.8ポイントと大きく引き下げた。2020年には1.6%への加速を見込むものの、前回予測からは0.1ポイント下方修正している。

Ifoは、ドイツ経済は2019年に減速するものの、リセッション(景気後退)に陥ることはないと予想する。自動車産業に起因する脆弱(ぜいじゃく)さが2019年も続くほか、英国の欧州連合(EU)離脱やイタリア情勢、米国の貿易政策などの不確定要因が世界経済の足かせになるとみている。

就業者数は、今年は4,484万6,000人、来年には4,522万9,000人に増えると予想。失業率は今年に5.2%、来年に4.9%にそれぞれ改善するとみる。インフレ率は、今年は1.9%、来年は2.2%に加速すると予想する。

財政収支については、今年の黒字額は538億ユーロに達し、来年は325億ユーロとなる見通し。経常黒字は今年が2,514億ユーロ、来年には2,395億ユーロになると予測している。

なお、欧州委員会も秋季経済見通しの中で、今年のドイツのGDP成長率が1.7%になるとし、夏季予測から0.2ポイント引き下げている。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツEUイタリア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ZEW景気期待指数、1月は改善(01/23)

IMF、成長率予測引き下げ ユーロ圏は1.6%に減速か(01/23)

メルセデス、ポーランドにEV電池工場(01/23)

BAEシステムズ、ラインメタルと合弁設立(01/23)

仏独、外交・防衛の新協力条約を締結(01/23)

メルセデス、タイ産高級クーペCLSを発表(01/23)

仏政府、中国・華為を標的に法案修正を検討(01/23)

ベルグマンなど2社、タイ企業と合弁設立(01/23)

座席グラマー、印企業と技術センターを開設(01/23)

オペル、ポーランド南部で新エンジン生産(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン