• 印刷する

GfK消費者信頼感、11月は横ばい

市場調査会社GfKは26日、ドイツの11月の消費者信頼感指数が10.6ポイント(予測値)となったと発表した。低下するとの市場予想に反し、前月から横ばいとなった。

GfKは毎月、消費者約2,000人を対象にアンケートを実施。主に「収入の見込み」と「購買意欲」の2つの指数から信頼感指数を算出する。他に「景気見通し」についても尋ねている。

10月の詳報を見ると、「景気見通し」は19ポイントと大きく8.1ポイント低下。「収入の見込み」も3.5ポイント落ち込み、54.4ポイントだった。一方、「購買意欲」は55.9ポイントと3ポイント上昇している。

GfKは今回の結果について、全般的に堅調で、消費が引き続きドイツの経済成長にとって重要な柱となることを示していると分析。ドイツの対米輸出が関税を巡る貿易摩擦にさらされるなど、世界経済の不透明感に直面している中、価値のある結果だと指摘した。


関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

独経済成長見通しを下方修正 経済諮問委、保護主義にも警鐘(03/20)

EV充電スタンド数、2030年に2万基不足か(03/20)

ドイツで5G通信網の入札開始(03/20)

ZEW景気期待指数、3月は大幅に改善(03/20)

PSA、伊フィアットとの合併も視野に(03/20)

空港運営フラポート、通期は43.5%増益(03/20)

アウディ、タイでEV「eトロン」発売(03/20)

EnBWの台湾子会社、運営センターを開設(03/20)

BMW、マで「8シリーズ」新モデルを発表(03/20)

ドイツ銀、正式に合併交渉 コメルツ銀も協議入りの声明(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン