加州高裁、米モンサントの賠償金を減額

米カリフォルニア州の高等裁判所は22日、独製薬・化学大手バイエル傘下の米農業化学大手モンサントの除草剤が原因で米国人男性ががんを発症したとする陪審評決を支持する判断を下した。ただ、計2億8,900万ドルの賠償金については、7,800万ドルに減額するとしている。AP通信など…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 医療・医薬品化学農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏経済見通し引き下げ 英は据え置き=OECD(11/22)

鉄鋼ティッセンクルップ、通期は78%減益(11/22)

【ウイークリー統計】第25回 パスタの生産量と肉の価格(11/22)

エアバス、新CFOと民間機部門COO指名(11/22)

AfDのワイデル氏、政治献金巡り正式捜査(11/22)

シーメンス、ロンドン地下鉄と車両供給契約(11/22)

ヘラー、仏フォルシアと室内照明開発で提携(11/22)

ボッシュ、曲面インパネ導入=世界初(11/22)

スイスの時計輸出、10月は7.2%拡大(11/21)

独仏、ユーロ圏共通予算の枠組みを提案(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン