加州高裁、米モンサントの賠償金を減額

米カリフォルニア州の高等裁判所は22日、独製薬・化学大手バイエル傘下の米農業化学大手モンサントの除草剤が原因で米国人男性ががんを発症したとする陪審評決を支持する判断を下した。ただ、計2億8,900万ドルの賠償金については、7,800万ドルに減額するとしている。AP通信など…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 医療・医薬品化学農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

Ifo企業景況感、5月はさらに悪化(05/24)

エリクソン、越境時の接続障害を抑える実験(05/24)

<連載コラム・欧州M&A最前線>4月 NIGEL’S INSIGHT(05/24)

独GDP成長率、改定値も0.4%(05/24)

5月は51.6ポイントに上昇 ユーロ圏総合PMI速報値(05/24)

ボッシュ、排ガス不正巡り罰金9千万ユーロ(05/24)

アリアンツX、加ロボアドバイザー社に出資(05/24)

欧州商用車登録台数、4月は7.6%増加(05/24)

米FB、欧州議会選に向け偽情報を削除(05/24)

金融当局、ネット銀行N26に安全対策を要請(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン