加州高裁、米モンサントの賠償金を減額

米カリフォルニア州の高等裁判所は22日、独製薬・化学大手バイエル傘下の米農業化学大手モンサントの除草剤が原因で米国人男性ががんを発症したとする陪審評決を支持する判断を下した。ただ、計2億8,900万ドルの賠償金については、7,800万ドルに減額するとしている。AP通信など…

関連国・地域: ドイツ米国
関連業種: 医療・医薬品化学農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀、フィンテック企業の4.9%株取得(09/20)

独瓶詰め機クロネス、ハンガリー工場が開所(09/20)

ECB、ドイツ銀の自社債買い戻しで調査も(09/20)

独ヒューブナー、ハンガリー工場を拡張(09/20)

欧州EV電池同盟、仏に試験工場開設へ(09/20)

独財務相「英の合意なき離脱は貿易に障害」(09/20)

ダイムラー、CATLから商用車電池を調達(09/20)

独、サウジへの武器禁輸措置をさらに延長(09/20)

起業支援ロケット、上半期は2倍弱に増益(09/20)

ヘラー、商用車用フルLED補助ライト投入(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン