• 印刷する

「合意なき離脱」の回避要請 日本自工会会長、ACEAも

日本自動車工業会の会長を務めるトヨタ自動車の豊田章男社長は19日、英国が合意なしに欧州連合(EU)を離脱する可能性が高まっていることへの懸念を表明した。もしそうなれば会員企業が生産活動を停止したり、販売価格を見直す事態もあり得るとし、「合意なき離脱」の回避を訴えた。

豊田章男社長は、英国とEUが当初、交渉期限とされていた10月に合意に至らなかったことを受け、「合意なき離脱」が現実味を帯びてきていると指摘。英・EU間で離脱条件を巡る合意がまとまらず、移行期間もなくなった場合、コスト削減に向け部品の在庫を持たないジャストインタイム方式に支障をきたし、生産活動の停止や、物流・生産コスト増による事業収益の悪化、販売価格の見直しにつながると予想。企業活動や顧客に甚大な影響が及ぶと警告している。

「合意なき離脱」の可能性を巡っては、欧州自動車工業会(ACEA)も回避に努めるよう英・EU双方に訴えている。ACEAは、ブレグジット後に通関手続きの所要時間が少しでも増えれば、物流面で多大な問題が生じ生産に支障をきたすと共に、膨大なコストが発生すると指摘。また、世界貿易機関(WTO)ルールに基づき10%の関税が課されれば、販売価格に上乗せするかメーカーが吸収するしかないが、自動車業界の利益率は現時点でも10%を大きく下回っていると指摘している。[日本企業の動向][EU規制]


関連国・地域: 英国EUアジア欧州
関連業種: 自動車・二輪車運輸マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

アストンマーティン、10倍弱の増益(11/16)

ロイヤル・メール、上半期は利益半減(11/16)

小売売上高、10月は0.5%減少(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

ソニー、EMIを完全子会社化(11/16)

英国、賭博規制の導入を来年4月に前倒し(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン