独連立与党、情報機関トップの処遇で合意

メルケル独首相率いる連立与党は、連邦憲法擁護庁(BfV)のハンス・ゲオルグ・マーセン長官の処遇を巡り、新たな妥協案で合意した。政権崩壊の危機を回避した格好。ロイター通信が伝えた。 マーセン長官は先に、東部ザクセン州ケムニッツ(Chemnitz)で起きた極右デモの参加者…

関連国・地域: ドイツ欧州
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

メイ首相、打開策求め奔走 EU側の首脳陣と相次ぎ会談(12/12)

【欧州企業よもやま話】第269回:ヘラー 次世代車の未来照らす(12/12)

ダンスケ銀、スウェーデンの年金事業を売却(12/12)

EV電池調達に200億ユーロ ダイムラー、2030年までに投資(12/12)

フォード、欧州事業の再編に着手(12/12)

米金属部品タワー、欧州事業をFSDに売却(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

ZEW景気期待指数、12月は改善(12/12)

BDI、企業に合意なし離脱の備え呼び掛け(12/12)

カールツァイスメディテック、9%増益(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン