独連立与党、情報機関トップの処遇で合意

メルケル独首相率いる連立与党は、連邦憲法擁護庁(BfV)のハンス・ゲオルグ・マーセン長官の処遇を巡り、新たな妥協案で合意した。政権崩壊の危機を回避した格好。ロイター通信が伝えた。 マーセン長官は先に、東部ザクセン州ケムニッツ(Chemnitz)で起きた極右デモの参加者…

関連国・地域: ドイツ欧州
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

独商工会議所、成長見通しを引き下げ(10/22)

マルタ、イタリアが拒んだ移民受け入れ(10/22)

ソフトウェアAG、第3四半期は横ばい(10/22)

米スターバックス、欧州4カ国の経営移管(10/22)

コンチネンタル、機械学習のADASを開発(10/22)

ティッセン、米MSと共同開発ソフトを導入(10/22)

VW、欧州で新車販売をデジタル化へ(10/22)

ブラックキャブのEV版、来年にパリ進出(10/22)

VW、旧式ディーゼル車の買い替えを優遇(10/19)

サルビーニ同盟党首、欧州委員長に名乗りも(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン