• 印刷する

GDPRで初の違反通告 EU離脱広告巡りカナダ社に

個人情報保護を監督する英国の独立公益法人ICOは、カナダのデータ分析企業アグリゲートIQ(AIQ)に対し、欧州連合(EU)で5月に施行された「一般データ保護規則(GDPR)」に基づく初の違反通告を行った。EU離脱派のキャンペーン向けに、個人情報を本人が関知しない目的のために利用したとしている。BBC電子版が伝えた。

AIQは、2016年のEU加盟継続の是非を巡る国民投票に向け、「ボート・リーブ(Vote Leave)」や「ビリーブ(BeLeave)」などEU離脱を訴える複数の団体と総額350万ポンドの契約を締結。ICOによると、同社はその際に個人名や電子メールアドレスを含む個人情報を託され、これを元にソーシャルメディアで政治的なターゲット広告を展開した。

GDPRでは、個人データ収集の際には目的を明示することを義務付けるとともに、収集した個人データを明示されていない目的のために処理することなどを禁止している。

ICOは、2017年5月に同社に対する本格調査を開始。今年7月にGDPRに基づく違反通告を行っていた。英国で同規則に基づく違反通告が行われるのは、これが初めて。AIQはこれを不服とし、既に異議申し立て手続きを行った。これが却下され、同社になお改善が見られない場合には、多額の罰金が科される可能性がある。[EU規制]


関連国・地域: 英国カナダ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ブーフー、百貨店デベナムズのブランド取得(01/26)

英リバティ、ポーランド工場取得の承認獲得(01/26)

シェル、4月にルーマニアに再進出(01/26)

エイソス、アルカディアのブランド買収協議(01/26)

英、鉄道2路線に7.9億ポンド投資(01/26)

南ア型変異種の感染事例、英国で77件確認(01/26)

英小売業者、EU客の返品を域内に足止め(01/26)

タイ当局、アストラゼネカ製ワクチンを承認(01/26)

ブリティッシュボルト、シーメンスと提携(01/26)

ANA、羽田―ロンドン・パリ路線など減便(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン