ロシア、通貨安懸念で2014年末以来の利上げ

ロシア中央銀行は14日、政策金利の1週間入札レポ金利を0.25ポイント引き上げ、7.5%とすることを決めた。利上げは2014年12月以降で初めて。トルコやアルゼンチンなど新興国通貨の下落に引きずられてルーブル安が加速することを食い止める狙いがある。 中銀は利上げの理由として、…

関連国・地域: トルコロシア米国中南米
関連業種: 金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼セベルスタリ、第3四半期は53%増益(10/22)

PGNiG、エクイノールのガス田権益取得(10/22)

ポーランド、ロシア国境付近に新運河建設(10/19)

スイスの建材シーカ、ロシア中部に新工場(10/19)

ユニリーバ、第3四半期は3.8%増収(10/19)

クリミアの学校で生徒が銃撃、19人死亡(10/19)

PGNiG、米産LNG輸入契約で最終合意(10/18)

ノバテクなど、独でLNG積み替え基地建設(10/18)

クリミア、シリアと貿易関係強化へ(10/17)

非現金決済、最も多いのはスウェーデン(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン