肥料K+S、第2四半期は53%減益

独肥料大手K+Sは14日、第2四半期(4~6月)のEBIT(利払い・税引き前利益)が1,340万ユーロとなり、前年同期比53%縮小したと発表した。物流コストの上昇が響いたほか、為替差損が逆風となった。 売上高は9.4%増の8億1,190万ユーロ。うち、カリ・マグネシウム肥料は大…

関連国・地域: ドイツカナダ
関連業種: 化学農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

製糖ノルトツッカー、豪マッカイと買収協議(11/16)

化学ヘンケル、第3四半期は8.9%増益(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

シクスト、第3四半期は27.3%増益(11/16)

ダイムラー、北京に第2のR&D拠点を新設(11/16)

メルセデス、中国産の「EQC」を来年発売(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン