• 印刷する

GDP、第4四半期は0.2%減 物価高で個人消費が低迷=速報値

ドイツ連邦統計庁は30日、2022年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP、季節要因・稼働日数調整済みの速報値)が前期比で0.2%減少したと発表した。第3四半期の0.5%増からマイナスに転じた。物価やエネルギー価格の高騰により個人消費が圧迫されたことなどが響いた。

GDPは前年同期比では1.1%拡大した。

22年のGDP(稼働日数調整済みの改定値)は前年比1.8%増加。速報値から0.1ポイント下方修正された。

中銀のドイツ連邦銀行は先に発表した月報の中で、最新の経済データは昨年12月時点の見通しよりも全体的に良好となり、ドイツ経済が予想以上に強靭(きょうじん)であることを示していると報告した。

ドイツの第4四半期GDPの改定値は2月24日に発表される予定。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ここが知りたい!ドイツの環境・エネルギー政策】自動車・暖房燃料の炭素価格引き上げ(03/01)

材料不足、紅海の影響じわり 独製造業=鉄道ストが追い打ち(03/01)

化粧品バイヤスドルフ、通期は3%減益(03/01)

三菱鉛筆、筆記具ラミーを子会社化(03/01)

鉄鋼ティッセン、高炉と圧延工場の閉鎖計画(03/01)

太陽光発電エンビリア、米投資会社が出資(03/01)

EUの難民申請件数、7年ぶりの高水準に(03/01)

与党FDP、電力ユニパー株の早期売却提案(03/01)

シュコダ、印で新モデル=小型SUV生産へ(02/29)

CO2貯留、連立与党が批判 経済相案=ガス発電の排出容認で(02/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン