ベジタリアン食品に肉混入か=英当局が調査

英国の食品基準局(FSA)は9日、スーパー英最大手テスコと同業2位のセインズベリーが販売する「ミートフリー」製品やビーガンなど菜食主義者向けの調理済み食品に食肉が混入していたとの報道を受け、調査に着手したと明らかにした。ロイター通信などが伝えた。 それによると…

関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料農林・水産商業・サービス社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ハイネケン、英クラフトビールに出資(06/22)

EU離脱法案が議会通過 政府説得で造反抑え込み(06/22)

石油オケア、タイ社が出資へ(06/22)

英中銀、政策金利を0.5%に据え置き(06/22)

金融ロイズ銀、450人を整理へ(06/22)

ディクソンズ・カーフォン、通期は24%減益(06/22)

三菱商事、英で送電事業の優先交渉権を獲得(06/22)

インターコンチ、越リゾート島にホテル開業(06/22)

長江実業、ロンドンのオフィスビルを買収(06/22)

シェル、ノルウェーなどの油ガス資産を売却(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン