ベジタリアン食品に肉混入か=英当局が調査

英国の食品基準局(FSA)は9日、スーパー英最大手テスコと同業2位のセインズベリーが販売する「ミートフリー」製品やビーガンなど菜食主義者向けの調理済み食品に食肉が混入していたとの報道を受け、調査に着手したと明らかにした。ロイター通信などが伝えた。 それによると…

関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

英国の鉄鋼業界に再び暗雲 B・スチールが経営破綻の危機(05/22)

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

米フォード、世界全体で7千人を整理へ(05/22)

人気シェフのオリバー氏、飲食店が経営破綻(05/22)

高級車JLR、通期は過去最大の赤字(05/22)

テスコ・バンク、住宅ローン市場から撤退(05/22)

WHスミス、クラークCEOが10月末で退任(05/22)

プラチナのロンミン、南アで4100人整理へ(05/22)

シェル、エジプトでEV充電設備を設置へ(05/22)

金融グリーンシル、豪市場で資金調達へ(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン