ベジタリアン食品に肉混入か=英当局が調査

英国の食品基準局(FSA)は9日、スーパー英最大手テスコと同業2位のセインズベリーが販売する「ミートフリー」製品やビーガンなど菜食主義者向けの調理済み食品に食肉が混入していたとの報道を受け、調査に着手したと明らかにした。ロイター通信などが伝えた。 それによると…

関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 食品・飲料農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第265回・ペルカッシ サッカー選手から敏腕経営者に(10/17)

失業率、過去43年で最低水準 賃金は2009年以降で最高の伸び(10/17)

ユーロ圏貿易収支、8月は黒字縮小(10/17)

イベルドローラ、ドラックスに英国資産売却(10/17)

非現金決済、最も多いのはスウェーデン(10/17)

ロベルト・カヴァリ、少数株の引受先探しに(10/17)

ディズニー、フォックス買収で追加情報提出(10/17)

BAT、たばこ代替品の売上高目標引き下げ(10/17)

欧州各行、サウジの会議に相次ぎ欠席表明(10/17)

スーパー売上高、直近12週間は3.2%増加(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン