ARM、中国事業の過半数株売却し合弁化

ソフトバンクは5日、傘下の英半導体チップ設計大手ARMホールディングスが中国事業ARMテクノロジー・チャイナの株式51%を地元のコンソーシアムに売却することで合意したと発表した。取引額は7億7,520万ドルに上る。 関係者の話としてロイター通信などが伝えたところによる…

関連国・地域: 英国アジア米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

労働党、国民投票の再実施で下院採決を提案(01/23)

ZEW景気期待指数、1月は改善(01/23)

IMF、成長率予測引き下げ ユーロ圏は1.6%に減速か(01/23)

ネスレスキンヘルス、投資2社が共同応札も(01/23)

オスロ証取の買収、ロンドン証取が参戦か(01/23)

ソニー、英の欧州本社と蘭子会社を統合か(01/23)

家具イケア、印で代替繊維の調達を強化(01/23)

仏独、外交・防衛の新協力条約を締結(01/23)

BAEシステムズ、ラインメタルと合弁設立(01/23)

EU、バックストップ巡る再交渉を拒否へ(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン