シーメンス、アジアのタービン市場を有望視

独総合電機大手シーメンスは、ガスタービンの販売でアジアが有望な市場であるとの見方を示している。ベトナム・ニュース(VNS)電子版が伝えた。 アジア太平洋地域の発電・ガス分野の販売責任者を務めるトーマス・ハゲドーン氏は、発電事業が活発なアジアでは、昨年9月に発売…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 電機製造一般電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

チェコの乗用車生産、1~5月は横ばい(06/22)

ダイムラー、通期見通し下げ 米中摩擦による輸出減見越し(06/22)

川崎重工、ABBとインターフェース開発(06/22)

独仏、EU内の法人税制調和で共同提案へ(06/22)

商用車オトカ、ワルシャワからバス受注(06/22)

タイヤのコンチ、パワートレイン部門上場か(06/22)

シーメンス、事業再編策を8月に公表へ(06/22)

ドイツ銀、米外為不正操作で罰金2億ドル(06/22)

三菱商事、英で送電事業の優先交渉権を獲得(06/22)

大陽日酸、リンデと米プラクスエアの資産取得か(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン