ZEW景気期待指数、4月は大きく低下

欧州経済研究センター(ZEW)は17日、4月のドイツの景気期待指数がマイナス8.2ポイントとなったと発表した。前月から大きく13.3ポイント低下。下げ幅は市場予想を大きく上回った。長期平均(23.5ポイント)を下回っている。

景気期待指数は向こう6カ月間に国内経済が「改善する」と回答した割合から「悪化する」の割合を差し引いて算出する。今回の調査は4月3~16日に、アナリスト210人に見通しを尋ねた。現況指数は87.9ポイントと3月から2.8ポイント悪化した。

ZEWのアヒム・ワンバッハ所長は、米国を巡る世界の貿易摩擦とシリアの現状が今回の大幅な低下の原因と分析。また、ドイツにおける第1四半期(1~3月)の生産と輸出、小売売上高の落ち込みも今後の経済成長にマイナス影響を与えているとした。

なお、ユーロ圏の4月の景気期待指数は1.9ポイントと、前月から11.5ポイント低下。現況指数は1.5ポイント改善し、57.7ポイントだった。


関連国・地域: ドイツEU米国中東
関連業種: 経済一般・統計製造一般商業・サービス政治

その他記事

すべての文頭を開く

VWの世界販売、6月は4.1%増加(07/19)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

ソフトウェアAG、第2四半期は横ばい(07/19)

アカソル、ダイムラーに次世代LIB供給(07/19)

ユーロ圏インフレ率、6月は改定値も2%(07/19)

中国・蔚来汽車、3年以内に独でEV販売(07/19)

ユーロ圏建設業生産、5月は0.3%増加(07/19)

VW中国合弁、上半期の販売台数は9.6%増(07/19)

仏競争委、小売業者の調達提携巡り調査(07/18)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン