• 印刷する

仏GDP、0.7%増に上方修正 第4四半期は伸びが加速

仏国立統計経済研究所(INSEE)は26日、2017年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP、確定値)が前期比0.7%拡大したと発表した。改定値から0.1ポイント上方修正され、伸びは第3四半期の0.5%から加速した。通年の成長率は2%と、改定値から変化がなかった。

第4四半期は家計最終消費支出が0.2%、政府最終消費支出が0.3%増加。伸びは共に0.3ポイント減速した。投資を示す総固定資本形成は1.1%増と0.2ポイント加速している。この結果、内需はGDPを0.5ポイント押し上げた。

輸出は2.5%増と前期の1%増から大きく拡大。輸入は0.3%増加し、輸出から輸入を差し引いた純輸出はGDPを0.7ポイント押し上げた。

2017年通年のGDP成長率は、1年前の1.1%から伸びが約2倍に加速した。うち輸出が3.3%増えたほか、輸入も4.1%増と大きく伸びた。家計最終消費支出は1.3%、総固定資本形成は3.8%それぞれ拡大した。

■財政赤字、対GDP比2.6%に

INSEEは併せて、2017年の財政赤字が対国内総生産(GDP)比で2.6%となったと発表した。前年から0.8ポイント縮小し、政府予想の2.9%を下回った。欧州連合(EU)が上限と定める3%以内に収まったのは、2007年以降で初めて。

欧州委員会は昨年11月、財政支援プログラム下にあるギリシャを除いたユーロ圏加盟18カ国の秋季経済見通しを分析した結果、フランスは赤字の是正が遅れていることから、基準未達成になる可能性があると指摘していた。[EU規制]


関連国・地域: フランスEUギリシャ
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、グーグルと技術提携(09/19)

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

重電アルストム、上海地下鉄にシステム供給(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

コロン仏内相、リヨン市長選出馬で退任へ(09/19)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

トルコ自動車生産、8月は34%減少(09/18)

スエズ、英の廃棄物発電に1億ポンド超投資(09/18)

マクロン大統領の評価、政権発足後で最低に(09/18)

イケア、世界5都市の宅配にEV導入へ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン