• 印刷する

仏GDP、0.7%増に上方修正 第4四半期は伸びが加速

仏国立統計経済研究所(INSEE)は26日、2017年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP、確定値)が前期比0.7%拡大したと発表した。改定値から0.1ポイント上方修正され、伸びは第3四半期の0.5%から加速した。通年の成長率は2%と、改定値から変化がなかった。

第4四半期は家計最終消費支出が0.2%、政府最終消費支出が0.3%増加。伸びは共に0.3ポイント減速した。投資を示す総固定資本形成は1.1%増と0.2ポイント加速している。この結果、内需はGDPを0.5ポイント押し上げた。

輸出は2.5%増と前期の1%増から大きく拡大。輸入は0.3%増加し、輸出から輸入を差し引いた純輸出はGDPを0.7ポイント押し上げた。

2017年通年のGDP成長率は、1年前の1.1%から伸びが約2倍に加速した。うち輸出が3.3%増えたほか、輸入も4.1%増と大きく伸びた。家計最終消費支出は1.3%、総固定資本形成は3.8%それぞれ拡大した。

■財政赤字、対GDP比2.6%に

INSEEは併せて、2017年の財政赤字が対国内総生産(GDP)比で2.6%となったと発表した。前年から0.8ポイント縮小し、政府予想の2.9%を下回った。欧州連合(EU)が上限と定める3%以内に収まったのは、2007年以降で初めて。

欧州委員会は昨年11月、財政支援プログラム下にあるギリシャを除いたユーロ圏加盟18カ国の秋季経済見通しを分析した結果、フランスは赤字の是正が遅れていることから、基準未達成になる可能性があると指摘していた。[EU規制]


関連国・地域: フランスEUギリシャ
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

R・ロイス、原子力事業売却巡り仏社と協議(08/22)

小売りカジノ、20億ユーロの資産を追加売却(08/21)

EDF、エジプトで太陽光発電所の運転開始(08/21)

ルノー、印で「トライバー」の予約開始(08/21)

ルーヴル美術館、今秋から完全予約制に(08/21)

ベーカリーのポール、タイで10店舗新設へ(08/20)

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

パリ郊外の軽食店で従業員が撃たれて死亡(08/20)

エアバス、中国民間ヘリ運用数3年で1.5倍(08/19)

インフレ率、7月は1.1%に減速=改定値(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン