エプソン、製品寿命の操作巡り仏検察が調査

セイコーエプソンが、フランス検察当局の予備的調査を受けているもようだ。需要を高めるために、意図的に製品の寿命を短くした疑いが持たれている。AFP通信などが伝えた。 エプソンは「現在事実関係を確認中」との声明を発表。容疑を否定しつつも、調査には全面的に協力する姿…

関連国・地域: フランスアジア米国
関連業種: IT・通信製造一般政治


その他記事

すべての文頭を開く

極右ルペン氏、議員手当の不正受給巡り敗訴(06/21)

欧州委、仏社巡りルクセンブルクに追徴命令(06/21)

【ウイークリー統計】第12回 スポーツ用品の輸出入とスポーツ施設(06/21)

セコノミー、ロシア事業を売却へ(06/21)

GPSC、エンジーのタイ事業を買収(06/21)

印インフォシス、仏にR&D施設開設へ(06/21)

伊モデナのレストラン、再び世界首位に(06/21)

シロップのモナン、インド南部に工場設置へ(06/21)

印TCS、パリにデリバリーセンター開設(06/21)

パリ市、セーヌ川の浄化に10億ユーロ投資(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン